初心者でもわかる!相続に関する基礎知識

子が相続放棄してしまうと、その子である孫は代襲することができません。子供の事も考えて行います。

子が相続放棄した時孫は代襲できるか

親子関係であれば、ほぼ財産を引き継ぐことになるでしょう。配偶者がいる場合には、半分が配偶者で、残りが子供に引き継がれます。また、その配偶者が亡くなればその財産が子供に引き継がれます。減った状態になるか増えた状態になるかはあると思いますが、どちらにしても引き継がれると思います。財産を引き継ぐのは嬉しい事なのですが、それによって配偶者の生活に影響することがあります。それを考慮した子供はあることを考えます。

それは相続を放棄することです。子供が2人いたとして、二人とも放棄したとすれば親や兄弟姉妹に移ることになります。子供であれば2分の1ですが、親や兄弟姉妹なら配偶者に渡る部分も多くなります。それくらいあれば十分だと考えたのです。幸い親もすでになくなっていて、兄弟姉妹の方も放棄をしてくれたため、すべて配偶者に渡ることになりました。ところがその後に少しお金の必要が出てきました。自分自身が病気で亡くなってしまったのです。

しかし、一旦放棄してしまうと、その子供の代襲はできません。放棄は、最初からなかったものとみなされるものです。権利がないのですから、その子にも当然権利はないとなるのです。放棄をするときは、自分のことだけでなく、子供のことも考えておく必要があります。自分自身に財産が十分にあればいいですが、そうでない場合は、財産を受ける権利を残しておくのです。そうすれば自分が受けるときに亡くなっていても、子供が受けられます。


Copyright(c) 2018 初心者でもわかる!相続に関する基礎知識 All Rights Reserved.