初心者でもわかる!相続に関する基礎知識

相続で、子供にさせたくなければ廃除します。その子にはさせても良い場合、権利は代襲されます。

相続で親はダメだけども子供は許せる

親子は似ると言われます。一緒に生活をするのですから、生活習慣が似ることもあるでしょうし、性格が似ることもあるでしょう。子供が悪い性格になった時、子供が悪いと思うことがありますが、実は自分自身の性格が影響しているかもしれません。まずは自分自身を見直すことから考えてもいいでしょう。悪い性格と言っても、社会人などになればそれなりに大人になるものです。人並みに結婚をして、子供ができれば、悪いなりに子育てもするようになります。

自分自身のことを考えると、それほど長くないと思うようになりました。特に何もなければ法律に基づいて財産の配分などをしてくれればいいのですが、それでは少し問題があリます。子供の中でも、ある人には相続をさせたくないと考えています。その時には、生前に手続きをするなどして廃除出来る場合があります。なんとかその手続を行いまいした。その手続をしたかどうかといった時に、なんとその子が自分よりも先に亡くなってしまいました。

その子の子、つまり自分にとって孫は親に似ずいい子です。親の方には分けたくなかったのですが、その子には分けたいと思っています。親の方を廃除してしまったら、その子も受ける権利がなくなってしまうのかです。それに関しては問題はありません。代襲があるのですが、廃除が代襲されるのではなく、受ける権利が代襲されます。特に手続きをしなくても、きちんと配分されるでしょう。教育費も必要ですから、心配していたのです。


Copyright(c) 2018 初心者でもわかる!相続に関する基礎知識 All Rights Reserved.