初心者でもわかる!相続に関する基礎知識

相続をスムーズにさせるのには遺言書を残しておくことも有効ですが、内容に不備があると実行できない場合もあります。

相続と遺言書の関係について考える

相続が発生した場合、遺言書があれば、それをもとに手続きが行われることとなります。ただ、その遺言書に不備があった場合はせっかく残したにもかかわらずそれが実行できなかったり、新たなトラブルを招いてしまうこともあるものです。ありがちな失敗としては、遺言書に日付を入れ忘れる、印鑑を押し忘れるなどがあげられます。それから書式にせずにビデオやテープで遺言を残す場合もこちらも効力はないとされていますので、やはり書式できちんと書いておくようにしたいものです。それからワープロなどで作成した遺言書も無効になりますので、トラブルを防ぐためにも、前文、日付、署名などもすべて自筆で書くようにしたいものです。より確実な遺言書を残すのであれば専門家のサポートを受けてみるのも良いでしょう。

一般的に利用されている遺言の方式では自筆証書遺言と公正証書遺言があります。自筆証書遺言の場合は費用もかからず残せるメリットがありますが、そのかわり紛失や改竄、さらに隠匿の可能性もあります。公正証書遺言の場合は公正役場への手数料や行政書士に依頼する場合はその費用も必要となりますが、その代わり、紛失や改竄のリスクはほとんどないと言えます。原本は公正役場に保管されることとなりますので、まず安心ですが、その遺言が残っていることを親族が知らないと実行ができない場合もありますので、家族には遺言を残していることは伝えておきたいものです。より確実に遺言を実行させたい場合は公正証書遺言を選んでおくと良いでしょう。


Copyright(c) 2018 初心者でもわかる!相続に関する基礎知識 All Rights Reserved.