初心者でもわかる!相続に関する基礎知識

身内同士で相続争いをする悲しい事を避けるためにも、やはり遺言書を書いておくことが大切です。

相続でもめないように遺言書を作成しておく

相続トラブルの話をよく聞きますが、それは身近な人達が争っているという事であって、とても悲しい事です。相続でもめる前に、その話題を避けずに、生前の間から話し合っておくことが大切です。私の親は、よく言っています。「財産なんかないし、残さないからね」と話しています。私の親は、「生きている間に、使い切って楽しまないとね」と明るく話します。

私はそれでいいと思います。そうして欲しいと思います。残さず楽しんで余生を過ごしてもらうことが一番です。借金は残されては困りますが、親の残した遺産で、兄弟がもめることほど、悲しいことはありませんから。私達は大丈夫だと思っていても、そういう事が起きないとも限りません。親の残した物をあてにすること自体、違うと思います。そういうトラブルが起きてしまいそうなら、もめる前に遺言を準備しておくと良いと思います。そうすることで、トラブルが回避できます。いつもは仲のよい兄弟であっても、準備しておくのが無難です。

その人の意志を書いて残しておくことで、トラブルを防ぐことができます。法律で決められている遺言の作成方法があり、それに違反した物は無効となってしまうので気を付けましょう。遺産分割対策、節税対策、納税対策なども考えておかなければいけません。分からない事や、詳しいことは弁護士や行政書士など、専門の人にお願いすると良いと思います。天国へ旅立ってしまった人を、悲しませたり心配させたりせずに、共に仲良く見送ってあげたいですね。


Copyright(c) 2018 初心者でもわかる!相続に関する基礎知識 All Rights Reserved.