初心者でもわかる!相続に関する基礎知識

相続において、遺言書のとおりに執行してもらえる人として、遺言執行者を指定することがあります。

相続の時には遺言執行者を指定する

仕事をする時、どうしてもこの事については信用ある人に行ってもらいたい事があるでしょう。本来なら自分でやりたいところですが、他に用事があってその場に立ち会うことができないのです。組織の上司に依頼することもあれば、信用ある部下、同僚に頼むことになると思います。同じ会社であればそういった人に依頼をしますが、それ以外では専門家に依頼することもあります。税金の計算などであれば税理士にお願いするのが最も信頼できます。

自分がなくなった時、相続の問題が起こります。それほど財産がない、分配の方法においては特に法律上の手続きで問題がないなら、遺言書などを作成する必要はありません。しかし、財産があり、ややこしい手続きを必要とするのであれば、それなりに遺言書などに遺しておいた方がよいでしょう。誰かに特に多めに残すであったり、家族とは違う人に配分してほしいとする場合には記載しておく必要があります。記載したものの、本当に実行されるか心配です。

そこで、遺言書に遺言執行者を指定するようにします。指定された人は、責任をもってその遺言書に書かれたことを実行する事になります。こちらの指定については、特に資格を持った人に依頼しなければいけないわけではありません。信用ある人がいるのであればその人でいいですし、家族などの中から指定するのでもよいでしょう。専門家としては弁護士などがいるかもしれません。生前に相談をして、指定することを伝えておけばよいでしょう。


Copyright(c) 2018 初心者でもわかる!相続に関する基礎知識 All Rights Reserved.